酸素系漂白剤で煮洗い

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)で煮洗いをします。

過炭酸ナトリウムは、水に溶けると炭酸ソーダ、酸素、水に分解され生分解の必要がないので環境負荷がとても低く、塩素系に比べるとはるかに安全です。ツーンとした刺激臭もありません。

シミが付いたり襟汚れが目立ったシャツや、水を吸わなくなった布巾など、酸性の汚れは、過炭酸ナトリウムのアルカリ+酸化力ですっきり綺麗になります。

やり方は簡単。過炭酸ナトリウムを入れた熱湯で洗いたいものを煮るだけ。煮る時間は汚れの度合いによります。布巾なら3〜5分、シャツの襟汚れはものによっては30分煮ることもあります。だんだん泡がなくなってくるので煮ながら少しずつ過炭酸ナトリウムを加えます。

煮た後は洗います。素手で洗うと手のタンパク質が溶けてぬるっとした感触になることがあります。その時は酢など酸性のものを塗布することでアルカリ性を中和することができます。

汚れが落ちる様を見ていると気持ちまでもすっきりします。梅雨時の清潔維持に、また、ストレス解消にもどうぞ。

煮洗いの際には、熱に強い繊維であることをご確認くださいね。また、使用する鍋はステンレスかホーローで。アルミの鍋は変色してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です