七五三の着物をつくる

今年は上の子の七五三なので、着物一式仕立てに挑戦します。まずはじゅばんから。 

さらしを裁断します。洋裁と違ってかなりシンプル。

背中心・脇・裾をくけ、袖を作る。襟は出来上がりでアイロン。

襟をつけます。首元のカーブが難しくて何度もやり直しました。

使っているのは手縫い糸細口と和裁用の針。これまでミシン糸と普通の針を使ってましたが…縫いやすさが全然違います!道具って大事。

出来上がり。七五三の時期になったら息子のゆき丈に合わせて肩上げします。

身八つ口。

裏側。袖、脇のくけ。

スリット。布耳部分なので始末は裾だけ。

襟は表裏どちらからも縫い目が見えないように始末しています。

裾と背中心は時短と補強を兼ねてミシンで。

作業日数は4日。子どもたちが寝静まってからの約2時間、夢中になって縫いました。次は袴に取り掛かりたいと思います。

つくりかたはこちらを参考にしています。

「はじめてでも縫えるこどものきもの―七五三の晴れ着・被布・羽織・はかま・お正月のきもの・ゆかた」林 ことみ(著)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です