熟成が終わったダンボールコンポスト

ダンボールコンポストの熟成が終わったようです。箱から保管用の土のう袋に移し替えました。

長い時間かけても分解しきれないものも割とあります。梅干しの種や鶏の骨、タマネギの皮など…。分解を手伝ってけれたアメリカミズアブの蛹もあります(笑)

_DSC7344

鶏の骨は3ヶ月では分解しきれません。この骨は塾生が終わったコンポストから取り除いて続いて塾生させるコンポストへ繰り越して行って、半年〜1年ほどでこんな感じ。やっと手でパキッと割れるようになります。

ダンボールの底に更に1枚ダンボールを敷いておいたおかげで、箱は破れていませんでした。中央は水分補給の時にダイレクトに入れてしまったために腐りかけてます。

面倒でも、水分投入はスコップにすくった基材に染み込ませてから全体に混ぜるようにした方が良いです。

さて、8/20は茨木市主催の親子向けダンボールコンポストのワークショップがあります。この8年の経験を楽しくお伝えしたいと思います。

先週の時点で定員まであと2組でした。興味のある方、まだ間に合うかもかもしれません。お子さんと一緒にダンボールコンポスト、始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です